So-net無料ブログ作成

【衝撃】ほへぇ?!犬に育てられた?5歳前後の少女を保護って [衝撃]

【衝撃】ほへぇ?!犬に育てられた?5歳前後の少女を保護って?!
ターザンかよ?? 焦

そーいえば、最近、日本のTVニュースなので少女監禁で1監禁歴10年とか理解不能な長期監禁事件とかを見聞きすることが幾度か出てくるようになったようであるが・・・

被害者自身や被害者親族からしたら想像を絶する苦痛な日々が続くんだけども、これって、完全にアウトだよな!?

だってさ、大抵の場合キモオタの親と同居だったりするだろ?!

それで、事案発覚してから親の証言を取ってみると

『気にはなっていたが報復が怖くて注意できなかった・・・』だとーーーーーー????

これ、今まだで無かったことだと思うけど親も共謀罪で立件しないといけない訳で・・・
そうしなければ、なくならないと思う!!



img_86ffdd8ab4413c9a6c8adc100042188f288633-300x222.jpg


2009年5月28日AFPから報道されたものによるけど・・・
ロシア・東シベリア地方のチタ(Chita)で、まるでイヌのように振る舞う5歳前後の少女が保護された。地元警察当局が27日明らかにした。ペットのイヌやネコに育てられたようだという。

 警察発表によると、少女は薄汚れたアパートに父親と祖父母とともに暮らしていたが、ほえたり、食べ物を舌でなめるなど、ペットのネコやイヌと一緒にいる方が快適そうな様子だった。

 少女は家の外に出してもらったことはなく、言葉が話せないため、ほえることでコミュニケーションを取ろうとしているという。児童保護局が発見した時は、「汚れた服を着て体も汚れており、子犬のように体をすり寄せてきた」。

 また、父親らは「近隣住民との接触を避けるため、実質的にこれまで誰1人部屋に入れたことはなく、自分たちもペットを散歩に連れて行くとき以外は外出していなかった」という。

 少女は現在、児童保護施設で医療面、精神面の両方で支援を受けているが、職員が部屋を離れると、少女はドアに向かって飛び跳ねたりほえたりしているという。

 警察の声明は、オオカミに育てられた子どもを描いた英国人作家ラドヤード・キップリング(Rudyard Kipling)の小説の主人公になぞらえ、少女を「モーグリ(Mowgli)」と表現している。

って、笑えないよね。。。

出典;AFPより

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

いいナビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。